中央化成品グループは、特殊な素材や生産加工技術をもったメーカーを有し生産から販売までを完結させることができます。

中央化成品グループ紹介
日本語english

 

HOME > 合成樹脂事業 《商社事業》

 

 

 

合成樹脂事業

 

 

 

 

汎用樹脂、エンプラはもとより繊維強化樹脂の原料販売から成形まで、ご要望に応じて柔軟に対応。
樹脂分野は高強度技術の進歩とともに用途開発が進み、確実に市場を拡大しています。また、リデュース、リユース、リサイクルの高まりと呼応した環境負荷の低減が進められています。こうした樹脂分野の活況を背景に、ますます意欲的にプラスチックをはじめとした樹脂製品の原料販売から成形品まで広範にご要望に合わせてお応えしています。熱可塑性プラスチック、熱硬化性プラスチックを問わず、また、あらゆる成形方法にも精通し、樹脂化へのソリューションもご提案しています。

用途開発が進み年々市場を拡大する繊維強化樹脂では、企画・設計段階からサポート。

かねてより商品開発、企画設計スタッフの充実に傾注してきました。バリアフリー社会の進展とともに大量の手すりの需要が生まれ、コスト、耐久性において優れる繊維強化樹脂性の手すり等の開発も行っています。最先端の樹脂情報にも長けたスタッフが、開発スタッフとして参画し、企画設計から原料の選定、生産、アッセンブリまでトータルにご要望に合わせてお応えしています。
 

ご要望に合わせてローコストオペレーションの海外生産から、国内アッセンブリにも対応。
 樹脂製品の最優先課題は、必要な品質をよりローコストで調達することです。そのため、汎用的な樹脂による成形品用に、アジアを中心に海外に優れた協力工場を確保するとともに、技術スタッフが常駐する現地法人を設立しQCD管理を徹底しています。また、アッセンブリについても、求められるレベルや納期に応じて、海外、国内に協力工場を有し“安心してトータルに任せられる企業”との評価をより確かなものにしています。

 

自社に工場も有するからこそできる品質管理体制で海外でも良品生産を可能に。
自社内一貫生産を行うための製造事業を擁し、付加価値製品製造工場として、グラスファイバー、カーボンファイバー、その他充填材をペレット化する工程を省いたダイレクト成形を可能とする技術を有しています。そして、自社内開発力の向上、生産技術の確保などを果たす一方で、工場運営を行い品質管理のノウハウも駆使して、通常の商社としての機能を越えたサービスの提供に努めています。
 

 

 

 

 

合成樹脂原料
・PVC
・PS
・AS
・ABS
・PP
・PE
・EVA
・ポリアセタール
・ポリアミド
・ポリカーボネート
・PMMA
・各種エラストマー
・ポリウレタン
・エポキシ
・不飽和ポリエステル
・メラミン
・各種エンジニアリングプラスチック
・各種コンパウンド
・各種繊維強化プラスチック
・各種長繊維強化プラスチック

 

 

合成樹脂製品及び加工品
・各種断熱絶縁材
NHKスーパーシール
・各種ウレタンモールド製品
・PVC・PS・PE等各種フイルム
・PVCレザー及び加工品
・FRP製品
・異形押出成形品
・射出成形品
・ブロー成形品
・真空成形品
・回転成形品 など
・各種繊維強化プラスチック製品
・各種長繊維強化プラスチック製品

 

その他
・各種金属加工品
・各種木製加工品
・各種アッセンブリ品